20090111 グレン・ティルブルック 吉祥寺star pine's cafe  20090111 グレン・ティルブルック 吉祥寺star pine's cafe 

グレンティルブルックがくると知ったのは年末でチケットぴあで取れたのだけれどしかしまあ例のグズグズで迷ってるうちに当日になってしまうわけでコンサートに行って浮かれてる場合じゃない気もする最近だがライブハウスでやるならあと一回あの雄姿を見ても良いというか

前に渋谷のライブハウスで見たときは10年前何やろか、その佇まい、ギターのうまさ きれいな声 すばらしいバンドアンサンブル 感激の極みともいえる体験やった。

吉祥寺で5000円、高いっちゃあ高いがはるばるイギリスから来てるわけでイギリスのパブなら1000円くらいやろが、もう最後やもしれんし行くことにした。

スターパインズカフェつうのは曼荼羅系列らしく100名くらいの一般のライブハウスより少し大きいおしゃれな小屋である。ヨドバシの裏にありしかしまあヨドバシつうのは八王子にもあるせいかそんで10年くらいたってるせいかかつてのダイエーつうかスーパーを想起させつまり街を凡庸に見せる建物として機能しはじめてるような気もするがしかしまあいい目印で迷わずついた。

定刻に愛想よくグレン登場!しかし太った、人のこと言えんがグレンの場合粋だったからなあ、しかしまあ健康的で自然つう事やろか、昔ロバートワイアットの家を雑誌で見たことがありその庭の粋なことに感心したことがあるがそういう安寧な風景を感じさせる自然つうか自然な老いつうかまあなんでも許容するファン心理である。

I've returned と some fantastic place が聞ければいいかと思ってたのだけれど両方聞けて black coffe in bed はアンコールで聞けてギターはうまくてお客さんは大人しかったけれどいやみんな静かに幸せをかみしめてたというか一緒に行く人もいなくてつう人も僕も含めて多そうだったけれど”俺がロックじゃ”という不良中年は少なくて普通っぽい人が多くてよかったような気がする。

途中 tichet to ride をやったときは良かったなあ。10年前は can't buy me love だったと思うけれど ギターといい唄といいこんなに軽やかに素敵にビートルズをやれるのは直系のこの人だけやないかというか gren sings beatlesつう企画があったらしかし確かに天国第2弾つうことやろと思う。素敵なカバーだった。 

もっと騒げればもちろんバンドならよかったと思うけれどしかし5000円で極上のpopsを聞けたわけで一番安い酒だったハイネケンを4本飲んで2400円で帰りは気が大きくなって吉祥寺の駅前のラーメン屋でタン麺と餃子を食って1100円、駅で雑誌とガムを買い500円、10000円程度使ってしまったがし満足な夜やった。

ホームに戻る