YOUR COUNTRY graham parker YOUR COUNTRY graham parker

グラハムパーカーの新譜である。カントリーっぽいとかフォークロックとかまあそういう事だろうとは思う。 年をとったんだと思う。安定していると思う。

もう諦めちゃったんだろうか 。マーキュリーに噛み付いてから長い年月たっている。この人の場合 ニックロウとかデイブエドモンズのように飄々としたとこがなく、中途かなり売れたかった訳でこんな 質のよい枯れたアルバムは似合わないような気がする。
もうきっと55歳位だから会社にいても定年が見えてくるころやろう。長い間 窓際にいたと言えなくもなく 新日本プロレスでは 荒川とか永源ならいい年のとり方は出来るが木村健吾は苦しかった。自分の居場所 っつうのは自分で考えなきゃならんのやろう。長州もそうだろうけれど若くてギラギラしてた人は ずっとギラギラしてなきゃならない訳で、今更、これはやはりないのではないだろうかとも思う。

相手はコステロやもしれんしそれより若い何某かも知れんしレッチリかも知れんしビースティかもしれないわけである。 若いやつの気持ちを動かさなきゃあかん。

そこでくすぶってギラギラしてたはったりロックンロールがこの人の持ち味 な訳で不幸だが確かにそこも含めてこの人の芸でありいったれロックンロールがなくなっちゃたら 老境の地平に辿り着いてしまったらこの人を聞く人は今は世界中で5000人くらいはいるだろうけれど500人くらいに 減ってしまうのではないだろうか。二ールヤングやバンモリソンとは話が違うのである。

しのごのいってると年をとってしまう、グラハムパーカーも年をとった。 年をとるというのは美しいものではないがしかしもうそろそろヤケクソで立ち上がってもよいな気もする。 "Crawling from the Wreckage"をゆっくりやりなおしてる場合じゃないような気もする。もう少しテンポを上げて ヤケクソロックンロールに徹するべきだと思う。

 

ホームに戻る