J League Verdy - Reds 国立競技場

サッカー観戦は去年のナビスコ決勝以来、あんときはアントラーズに完膚なきまでにやられました。それ以来ずーっと調子悪くなってしまってレッズは低迷を続けている。またストレスたまるかもしれんが...

レッズが弱い理由は明白で悪名高いマンツーマンディフェンスでDF2名ボランチ1名が相手にぴったりくっつくから攻撃の人数が少ない、そんで セレッソ、ジェフ、ジュビロのように攻撃に4人以上気の効いたのがいるチームにはまず勝てない。攻撃の連携がない2トップなので相手DF3人が固いとまず点とれない。サイド攻撃志向といってるが 山田はなに考えてるかわからん。 
つうわけで強いチームにはまず勝てない。セリエAの弱いチームがやる戦術を中途半端にずーっと続けているのだ。 

今日の相手はベルディ。スタメンを見てびっくりしてしまった。弱い。パッとせん。昔の名前で出てる人=林、三浦あつ、平野 全然知らん若手、外人。いつからこうなってしまったのか、李監督時代からも隔世の感がある。エムボマに室井、ラモンに坪井をマンツーマンでつけると弱いチームの典型で攻め手が全くなくなってしまう。レッズが勝てる数少ない相手。
エムボマとラモンの相性悪いなー。もっと裏取るFWじゃないと生きない、ベルディも始めは監督の指示かエムボマに当てるサッカーをやってたけど室井が頑張ってるんでホントなんも出来なくなってしまった。エムボマ厳しいなあ。

今日は相手がへたれのため守備は安心。でも室井はともかくラモンが引いてもなんでもずーっとくっついてる坪井ってホント可哀想になってくる。これでいいのかな?
そんで攻撃。オフトに言われとるのか知らんけどせっかく山瀬がいるのになかなか使わない。山田とか平川とかで外からと言うパターン。山田ー永井の連携はいくつかいいのあったけどあれがオフトの目指す攻撃なのかな?これもセリエAの弱いとこの戦術のように思えてしまう。

山瀬は流石に気が効いている。もっと畳み掛ける攻撃が見たい。

2-0で勝ったけどなんとなくすっきりしない。1年以上このサッカーを見させられてずーっと気持ちがどんよりはしている。でも勝ったからいいや。

席はバックスタンド上段。試合が良く見えて新宿のビルも良く見えてホントいい眺め。左を見れば紅葉のようなレッズサポ。国立はちと遠いけれど、昼間のバック上段は空いてるし僕のお気に入りの場所です。

大人1500円子供300円×3電車代2220円晩飯ケンタッキー3000円=7620円。日光浴も気持ちいいし勝ったしややこしい事なしにサッカー観戦はいい。

ホームに戻る