SHAMROCK DIARIES Chris Rea  SHAMROCK DIARIES Chris Rea

クリスレアのこのアルバムは長い間廃盤になっていて長い間ずーっと欲しいと思っていた。なんだかよくわからないけれどこの後に出たクリスレアのほかのアルバムはあまり感心しないのが多いのだけれどこのアルバムだけはとにかく大好きだった。

ヨーロッパ人にしか出せないのか諦観というかものすごく丁寧で時間もゆっくり使って立体的でありこの意味ではダイアストレイツと双璧と言う気もし今では著しく人気がなくて古臭いAORの人として忘れ去られている気配のクリスレアの古臭いながらもしかしこれは粋を集めたと言うかバンドにも匹敵する構成力と言ったら言い過ぎだろうか、とにかく奇跡の一枚だと思う。

5枚セットシリーズで欲しいのはこのアルバムだけだったけれどamazonで飛びついて3800円で買ったらHMVで2100円だったわけで1700円の落差はしかし日ごろCDの100円200円の違いに熟考を重ねている身としては何たる失態というかこれでCD2枚は買えるジャンというかしかし5枚シリーズを買ってるとCD購買自身も飽きてくる気がしこの厭CD気分は恐ろしい限りだが

少し太って丁寧なスライドで休日にはポルシェで高速道路に繰り出しそうな要するにセレブというか太っててスライドなら勿論ロウエルジョージということやろうがこのわがままデブではなくセレブデブクリスレアは決して友達にはなりたくないような気がするがしかし貧乏デブロウエルジョージとも友達にはならないような気もしもともと友達が少ないほうだと思うけれどこの両極端を切って真ん中のフツーの人とは接点がないようなら誰とも友達になれる道理がなく、清貧さつうか諦観つうかそんなのを感じさせる友達が少なくいるが大事にしなけりゃならんと思ったりする。

REO、フォリナーなんつうのを通勤でIPODで聞いてると飽きも速いと言うか勘弁してくれというかバンドやスクイーズが出てくるとほっとする気もしこういう諦観がこのみなのやろうと思うけれどしかしこのAORクリスレアは飽きはすぐ来るのかこないのかいやしかしこの諦観は好みやろと思いつついまいち自信がない気もするがバブルAOR全盛期のシンガーソングギタリストの最高傑作だとは思う。

  

ホームに戻る