LIVE ON STAGE HEADEAST LIVE ON STAGE HEADEAST

ヘッドイーストつうのは西に向かうつうことだろうか?アメリカの産業ロックバンドでジャーニースティクスREOのショボイ版ということだろうけれど 中学の頃やろか ラジオでライブ版を聞いてエエナアと思ったことがあった。アマゾンにティーズを思わせるショボイライブ盤が出ていて700円やったか、再結成ジャやだと思ったが、昔ラジオで一聴したライブの短縮盤やった。どうせならそのまま出してくれということやろがヘッドイーストあたりやとやはりかなり厳しいのやろ

しかしまあ確かにジャーニースティクスREOのショボイ版なのやろがしかしまあジャーニースティクスREOもそう聞いたことないので書くのもやや気が引けるがジャーニースティクスREOと異なるのはロックンロールであるというかやる気があるというかソーユーとこである。ジャーニースティクスREOになるとこれはロックなのかという根源的な疑問が湧き上がりジャ何がロックかつうかいいやまあロックでしかしロックンロールじゃないやロつう事でとかややこしいことになるがヘッドイーストの場合さらにややこしいというかこれは確かにバンドの人はロックンロール好きやろ、馬鹿さ加減もあるしロックやろというかしかしまあ確かに聞く人聞けば聴くに堪えんというか悪趣味きわまれリということやろがロックアティテュ−ド派にとってはこのさわやかか暑苦しいのか分からん勿論ルックスは微妙なロックバンドは嫌いじゃないというか積極的に好きというかREOとどこが違うんじゃといわれれば説明できんが産業ロックと産業ロックンロールの違いというかそういう意味では産業ロックからもはみ出とるわけでもしかしたら”産業ロックンロール”という唯一無二の分野かも知れずそうゆう意味では筆者の判断基準からは充分ロックな訳で唯一無二な分誰からも相手にされなかったということにもなるが確かにその人が商業でなく音楽が大好きでやってたのが伝わってくる素敵な音源である。

しかし2008年にもなってheadeastってなにやってんだかとも思うが大学1年の頃は1984年だったかサークルで組んだバンドの人が産業ロック好きで ジャーニー 唄ったなあ バンへ−レン唄ったなあ レッドツェッペリンとかもそうだが その後誰も誘ってくれんかったので披露する機会はなかったが嗜好は別として高い声、唄えんだけどな つうか40のはげオヤジの唄は誰もきかんやろがライブハウス通いのロックねーチャンとカラオケ行って夜通しヘッドイースト唄って”これがロックじゃ、ポリスなんてダメよ”といって嫌われても充分納得できるというかつまりスティング嫌いだけれどこのバンドのボーカルの芋っぽさ大好きだというかまあそれほど大仰に書くことでもなくなんとなく好きつうことだけやもしれんが・・・

ホームに戻る