J.GeilsBand SHOWTIME J.GeilsBand SHOWTIME

円高のわけかしらんが最近アマゾンで690円とか800円とかでてるわけでそうゆうシリーズは1500円で2枚なわけで確実にお得といえなくもないがしかし当然のことだけれど昔のバンドは驚きがなく聞く回数もそう多くないわけでこれは安物買いではないかと思うがしかし3000円の日本人の新譜だと4枚程度買えるわけなんだけれどしかしこうゆう安物買いも確実なのは確実なわけでそう考えると芸能ロックバンド大会にはもってこいのわけで1500円なら躊躇するが800円なら買うバンドは沢山ある。アメリカのmost芸能色濃いロックンロールバンド”Jガイルズバンド”つうのはもっとも800円なら買うバンドなわけでロック伝統芸能の極致 大ロックンロール大会なわけで 、初期ハウンドドックの先生というかオーティスとロックの架け橋というか70年代とは何かといわれればJガイルズという人はいないやろがしかし確かに60年代から続いた70年代の正統派芸能ロック伝承者ではある、ローリングストーンズとかフーとかロック伝承者というよりは一品物なわけで一代年寄りなわけでやはりまあ確かに70年代を代表するといっていいような気もする。

しかし会社で最近ガム噛んでるわけでそうすると腹が緩んで屁が出て困るがしかしそれも通り越して自由に屁をこくようになってしまったがいたたまれないほどくさい場合があり屁をこいた後すぐに居室を出ることがあるが誰も何も言わん。筆者の嗅覚が鋭すぎるのか気を使ってるのか或いは内に殺意を秘めた怒りが増幅しとるのかよお分からんが しかし音を出して屁をこけば ”くっせー”というのが普通の70年代の感覚であるわけでそうゆうリアクションを期待する迷惑中年であるが確かにそうゆう自然な人間の営みとは異なる個人主義なパソコン職場蔓延なわけでいいたいことがあったらいえというかいいたいことを好きにいう人が多かったような気がする70年代を代表する名アメリカンロックンロールバンドの名ライブ盤は800円でお買い徳であった。

ホームに戻る