20070503 kiyosute  20080315 kitahachiロックフェスティバル at 北八王子 under the tree 

北八王子というのは八高線で八王子駅から1駅のローカル線の駅だがここに北八王子工業地帯があり企業が集まっており朝はラッシュで八高線で八王子の次に昇降客が多いんじゃないか、八高線のドル箱の駅ではある。

そこにカレー屋と呼ばれてる"under the tree”という店が駅から1分のとこにあり、前の職場の人に連れられて何度かのみに行ったことがあるが、この前、たまたまいくと”キタハチロックフェス”が企画中との事、酔っ払ってた手前 "それ出ますわ”つうことで出場決定つう事になった。

しかしまあ知らん人の前でやるのは久方ぶりな訳でどうしようかとも思ったが・・

当日5組出るらしくくじで順番決めるとトリつうことで年の順かつうか、帽子かぶったバンド然とした兄ちゃんの後がお父さんという順番なわけでどうしようかとも思ったがしかしまあ酒飲まずにやるのもつらい訳でまあええか、

そのバンド兄ちゃんIさんに”ギターエレアコですか"takamine"ですか渋いですねえ” なんて言われて ”いやあ 中学生より下手なんで困ってるんですよ、ジャカジャカだけで”なんて言って時間が過ぎる、どこへ行ってもギターが下手な言い訳をせにゃならんつうのは自業自得とはいえ悲しいことである。

お客さんが入らず時間が押して 18:30start 少しづつ入って20人満員か。topは”クラッチバンド” ドラムなどテープを流してどうきさせてやる。高校生レベルだけれどマジメデ好感が持てた。

次は アコギの弾き語り 一生懸命 ウタ本みたいなのをコピーしてるようで真面目な方やった。しかしまあ どうでもよいが 一生懸命 コピーしないのが大事なような気もするが 

そんでオーナーの佐藤さん登場。この前 モーターヘッドの話で盛り上がり、ヘビメタ早びきべーシストだったそうだが ウクレレで登場。ケツメイシ、ハナレグミを軽妙に披露、ウタゴコロのわかっとる、ヘビメタリアンでそんで料理人つうマルチな人である。

バンド兄ちゃん”Iさん”は少しした話では非常に自然で大学の後輩”Fくん”を思いこさせるナイスガイやったが 福山正治が好きらしく それと もう一つなんかやっとった。stonesでもやんのやろ と思ったが今はロックも福山つう事やもしれん。真面目に”ロックとは何か”つう事を考えとると言っていたのは20年前の自分が5%程度思い起こされ好感が持てなくもなかった。

そんで筆者だが 当日、レッズグランパス戦を見ていて 勝ってるグランパスが 後半 出てくるのを少し遅らせてレッズの戦意をdownさせるという作戦に出ていたが その戦法でチト間をおく。そっから”尊敬しろ””草原の夜””釣りに行こうよ”””ソフトに触ってくれ”そんでアンコール”君はロックじゃない”そんで最後名指しアンコール”尊敬しろ大合唱”つうことで”受けた”。久方ぶりに一人でやるので不安やったが うれしい限りであった。まあ冷静に考えれば 尊敬しろでツカメタつう事やろと思うが、オーナーの佐藤さんが ”Cさん詩が深いですねえ”つうほめ言葉はうれしかったりした。”次は夏フェスで”つう約束をして帰る。最近曲を全く作ってないがハナレグミには負けられんと思いながらバスに乗っかった。 

 

ホームに戻る