cheltic moon miller anderson cheltic moon miller anderson

キーフハートレーバンドのギタリストとボーカリストでようするにキーフハートレーバンドの音楽的支柱だった人だけれど著しく知名度はないのはキーフハートレーバンドつうののマイナーさ加減の賜物だけれどしかしミラーアンダーソンという人はギターが上手いシンガーソングギタリストとしての素養は長いイギリスロックの歴史の中でも5人に入るのではないかというか

唄を唄えばポールロジャース張りなんていわれるがたしかにそうかもしれんがもう少し綺麗で丹精というか静謐というか気品があるというか。

ギターを弾けば何張りかわからんがとにかく静謐で綺麗なギターは俺が度が低く特徴がないマークノフラーというか。きっとそのギターの腕をマークボランも憧れてたのではないかというか

いや確かに比較で言えばマークノフラーやクリスレアと比べるのが正しいような気もしそういう気品のあるシンガーソングギタリストの元祖といえなくもないのではないかと思うが

アルバムを一聴した限りではもっと予算があればと思ったりしたがこのアンプラグド録音は何回も聞くと岩に染み入るというか心に染み入るというか端整な声に丁寧なギターに分をわきまえたバックにこの人らしさが如実にでている大傑作という気もしようするにその才能はイギリスのシンガーソングギタリストナンバー1なのではないかというか

どうと言うことはないブルースアルバムだと思ってもう一回中古盤屋に売ってはいけないというかこの少ない音数でこんなに豊穣なのはこんなに伝えられるのはいや確かにマークノフラーしか見当たらんというかアメリカの古いブルースミュージシャンの域に達しているのではないかというかその意味ではクラプトンを超えているというかクラプトンの声よりこっちの方がすきなんだというか

この大傑作はしかしドイツでは1000枚くらい売れたのだろうかイギリスでは300枚売れたのだろうか日本人は輸入盤で200枚くらい買ったのだろか

全部で1000枚売れたのだろうか

印税500円としても千円で50万なわけで1年でこれだけじゃ食ってけんやろうしそれがロックンロールライフとはいえその才能の大きさ、人柄もきっと良いのだろうその人間としての大きさに比べ現状はもう少し何とかならんのかというかだが、その意味で筆者も300円の中古盤ではなくミラーアンダーソンさんのほかのアルバムを新品で買おうかと思ったりする。いやアマゾンで見たりすると他のアルバムも間違いのない傑作らしい。

いずれ廃盤やろうし急がねばならん。

ホームに戻る