labour of lust nick lowe labour of lust nick lowe

nick loweのこと大好きな人は凄く多いでしょう。ぼくも最初の方の来日は狂喜乱舞!毎年行ってました。冷静に考えるとやはり1stと2ndでokと言うことでしょうか。その後は作風が変わっていきます。だんだん毒がなくなっいくというか.. とにかく時代の風に乗ってスタジオで好きなこと勝手にやってる時代の傑作です。backはロックパイル 曲演奏ふざけ加減 絶妙です! 大学時代先輩のAさんがロックパイルの事を<ロックンロールの教科書>といってました。そう思います。 大学のサークルは僕の1年上の世代がルースターズとかDrフィ―ルグッドとかで 僕の世代はエアロスミスとかパープルとかでパブロック周辺でもブリンズレーとかロックパイルとか<普段着>でやるのがカッコイイというか普通と思ってたというか人と違うカッコする度胸がなかったというか とにかく 僕は馴染めませんでした。AさんとかYさんとか後から多少話するようになりましたが... なんつーか ロック好きと言うのは どれも大体同じなのに細かい違いを探して 僕と君は違う!君は分かってないナー という所があります。僕も ドアーズもクイーンもフーも芝居がかってるのは、大げさなのはとにかく嫌い 普段着最高!という狭量なガキ時代がありました。  ロックパイル時代 全米ツアーでバドカンの前座をやって受けまくってしまったためどんどん時間を減らされそうするといい曲しかやらないからもっと受け とうとう喧嘩!と言う話や キースが飛び入り!という話や カンボジア難民救済のロバートプラントとの競演とか この時期ニックロウは乗りまくりです。もちっと続ければスターの座確定でしょう。 しかし放り投げてしまいました。やめちゃいました。その後ニックとデイブは長い間不仲だったようです。 色々ありましたが要するにこの2-3年間はニックロウはロックパイルは仕事として音楽を頑張って疲れて止めた。 と言う事でしょう。ニックはこの前もこの後も 自分の好きな事を楽しくやれればいいや!という本来の!半隠居状態の活動をしていく事になります。

ホームに戻る