SNOWY WHITE HIGHWAY TO THE SUN SNOWY WHITE HIGHWAY TO THE SUN

中古盤でかったんやろか。なんでこんなCDがあるかようわからんが ピンクフロイドのツアーメンバーで後期シンリジーのメンバーだったギタリスト スノーイーホワイトのアルバム。1994発表らしい。端正な人だが、もうかなり年とったんやろと思うが。

絵画的というか空間形成能力というか立体的というか深みというか大人というかダイヤストレイツというかクリスレアというか、そういう人である。
才能のあるギタリストつうかギタリスト+プロデューサーというかそういう人である。

ロックンロールの場合そこんとこも重要というか つまり馬鹿と大人と両方そろってないとダメな訳で まあ異論があろうが ジョンとポール、イアンデューリーとチャスジャンケル、ミスチルの唄と小林武つうのもそうなのだろうか、ピートタウンゼンドなんつう一人二役もいるが、しかしまあ兎に角 ロックンロールなんつうのは馬鹿だけじゃだめなわけで永ちゃんなんつうのもただの馬鹿じゃないのだろう。

空間形成能つうのも特異な能力か知らんがしかしギタリストにソーユー人が多い気もして つまりこれがロックかというと形態としてはロックやが ロックじゃないやろという人もいるやろが ようしらんが ダイヤストレイツ、クリスレア、初期ウイッシュボーンアッシュと同列に語るべき  空間形成能力音楽である。勿論勢いなし、勢いをつけてしまってはいけない。あんまり聞いたことないがピンクフロイドつうのもそうなんやろと思ったりする。

ようするにそーゆーのも好きなわけで ダイヤストレイツも好きなわけで 良い。 後輩の O君に告白したい。こうゆうのも好きです。しかし僕の場合ギターも弾けない訳でこうゆうのできないんです。

トラメとキヨステと時々liveに行くがこの空間形成能力があるバンドなわけで筆者としてはそこんとこも魅力の一つなわけで 昔ウイルコジョンソンが”したり顔のベテランバンドよりやる気のあるへたくそ小僧のほうが何ぼかましやろ”といっていたが、鮎川誠もレイデイビスもパンクの皆さんもヘビメタの皆さんもキヨステの柴田君も同意見やろがしかしあんたら確実に他と違うのはこの空間形成能でッセというか

つうことで 大学教授つうか高偏差値セレブご用達趣味アルバム つうことで忌み嫌われる場合もあるやろが しかし ダイヤストレイツ好き、にはたまらん 形式としての ロック完成系、鋭いひらめきなし、しかし確かにたまらん人にはたまらん、アルバムではある。天才じゃないけど秀才。趣味ロックの最高峰。まあ勿論この人は音楽を生業としている訳で趣味ではもちろんないのだけれど。

 

ホームに戻る