EASTSIDE STORY SQUeEZE EASTSIDE STORY SQUeEZE

目くるめくpops!極上のメロディ!をかける人はそうはいません!
上はポールマッカートニーから下は.........まで ロックの最下層をpubrockと
すればまさに.........はグレンティルブックが当てはまるんじゃないでしょうか。
エルビスコステロと並ぶpubrock最高のメロディーメーカーと思ってます。
しかもかっこいい!渋谷のライブハウスで見たグレンティルブックの涼しげな
姿はなんでこの人売れなかったんだろうと思わせました。途中でやったcan't
 buy me love も最高!演奏最高!歌最高!センス最高! 人から金とって
楽しませる つうことは コンサートつうものはこういうものか! と思いました。
コステロはカッコ悪いのでいいです。しかしグレンはかっこいい!歌うまい!
ギターうまい!曲いい!声いい!という事で何拍子もそろっているのにpubシーン
から浮上しませんでした。詳しい事情はわかりませんがただ欲がなかった。
ということのような気もします。詞は大人の男と女の事みたいなのでこの辺も
地味になった理由なのでしょうか。
音楽が会場を規定する部分もあるのでしょう。グレンの音楽は一貫して近くで
見れば極上という感じを抱かせます。コステロやグラハムパーカーが腕利きバ
ックバンドから離れて、音楽性が変わっていったのに対しグレンはメンバーが
変わっても一貫してスクイーズの音を出しつづけてます。
あの最高だった来日公演の後もう一度 difford&tilbook の二人でくる機会が
ありました。僕はfanclubに<bandでくるならいくんですけどどうなんですか?>
と問い合わせました。<今回は2人です。しかし2人だって最高ですよ。あんた
もわかってませんねー>みたいな事をいわれました。
確かにそうでしょう。でもバンドできてもアコギでもおんなじ値段ならバンド
のときいきたいと思っていきませんでした。それ以来 来日する事はありませんでした。

ホームに戻る