steve winwood steve winwood

高校の時に買いました。当時東芝がRockgreatest1500という安売りシリーズを出していてずいぶん世話になったナー。 ジャケ買いです。1500円で買えるやつを3枚くらい並べて熟考したのを覚えてます。内容ははたして傑作でした。ジャケットのイメージ通り! ”引きの美学”といいますか、駄曲なし!鍵盤かっちょいい!なんでも出来てしまう才人が丁寧に売れ線とか 考えずに作るとこうなるんでしょうか。
自己顕示欲が最も少ない音楽家がそっと届けた小品といいましょうか... 実際、この頃はこれが売れなきゃプロデューサとかレコード会社の人とかになろうかと思ってたそうです。 この人の場合 会社の部長とか難無くこなしそうです.
その後 大ヒット連発しますが、”引きの美学”を味わえる本作が筆者は一番好きです。
あとこの人の場合 "spencer davis group"は重要だと思う。10代の頃から"GImme some lovin"とか "I'm a man"とか超超カッコイイロックをやっちゃってるんだもん。早くから老成してしまうのも分かる気がします。

1980年代に来日した時 代々木に母親!と見に行きました。この人なら音楽音痴の御仁にもokと思ったのですが..開演前に姉貴のガキ の幼稚園がどうのこうのと聞かされて気分台無し、一人でいきゃ良かった。
コンサートは端正なもので 思いのほか白のストラトキャスタでソロをひいてたと思います。
最後に”Let me make something in your life”という曲がありますが恋愛とは こういうものだと変に納得していたくっだらね―高校時代がフラッシュバックしてきます。

ホームに戻る