Goats Head Soup ROLLINGSTONES Goats Head Soup ROLLINGSTONES

dancing with Mr Dでまずびっくりというかびっくりした。とにかくかっこいいやんけ。ヤギの頭は長いこと聞いたことなかったわけで出てから40年くらいたっているのだろうか、これがstonesの最高傑作といったら怒られるのだろうか。black&blueの前なのか、そうすると確かにblack&blueっぽくもあるわけで、いやしかしこれはミックテイラーなのだろう、とにかくかっこいいわけで、確かに70年代のstonesは無敵と回顧雑誌に書いてあったがその通りというかグーの根も出ない。

当時、日本の雑誌にはledzeppelinとどっちがえらいかなんていうのがあったような気もするが、全米ツアーはどっちのほうがすぐ売り切れたとか何とか

日本では確かに人気はなかったと思う。RCが出てきて、slidersが出てきてそんで悪ロックの親玉と認識されて、

かっこいいところのきれっぱしというかきれっぱしを集めてるというか、このアルバムからはそんな感じを受けるわけでもう曲としてまとまってなくていいんだよ、きれっぱしをつなぐぜというかかっこいい瞬間を並べるんだぜというか

black&blueもそういう風に思ってたのだけれどあっちは断片過ぎるかというか、こっちのほうが集め方が好みというか、とにかくかっこいい瞬間断片感はこの時期のstonesにしかないのではないか情緒的じゃないというか、機械的というか、スーパーロックマシンというか、さびだけでいいんだぜというか、アンジーはあるけどね、いやアンジー聞かせるためにほか全部断片ロックなのか、そういうことかどうかはよくわからないけれど、まともなフツーの歌はアンジーだけなんじゃないかというか

すべてを一巡したスーパーバンド、ストーンズが放った奇跡の一発は、いやしかし奇跡の一発は多すぎるが、とにかくかっこいいリフモサビモなくしてもっと素材をぽっと出したアルバムは必殺のリフモ必殺の曲もないけれどベテランバンド奇跡の一発なわけで一番かっこいいのではないじゃろか

いやしかしまあなんで今まで聞いたことないのかというかこれじゃもぐりかというか、It’s only rocknrollよりもいいんじゃないかというか、Let it bleedよりずっと好きというか micktaylorがかっちょいいのは初めてわかったというか

tumblin diceの入った2枚組みとどっちがいいか迷うけれどあっちはみんながいいっていうからなあ

stonesはやっぱりずっと意見を言ってくれてたと思う、発信してたと思う。イラク戦争のときはミクストエモーションだったのか、

東北大震災はミックはどう思ったんだろう。原発をやめることもしない世界をどう思ってるんだろう。

もう70くらいなのかな、そのうち僕も50だけれど50になってもまだミックの言葉を待ってるというか、キースの言葉を待ってるというか、二ールヤングの言葉を待ってるというか、そういう依存心満点ではいけないのだろうけれど、

いやしかしここまでややこしくない、平和な時代の音楽ということなのか、

”dancing with Mr Atomic”つうか”原発と踊れ”というか、原発事故以来ろくな曲ができないわけで、もともとろくな人間ではなくろくな曲はできないのだけれど、いやしかし原発後のこの変な気分は歌にならないのならまずは”dancing with Mr D”の替え歌からやってもいいのではないかと思ったりする。

いや確かにだれに聞かせるわけでもないわけで勝手なけじめというかあほなたわごとですわあ ダンシングダンシングwミスターアトミック!

ホームに戻る