YOUR COUNTRY graham parker Live at Hammersmith '79 Ted Nugent

テッドニュージェントが好きだった、つう人はおそらく日本には皆無やろと思う。ライブゴンゾーなんつうのがダイタイ的に宣伝していたがしかしやはり確かに売れんかったやろ。ひげもじゃで清潔感なくギターは変なセミアコみたいなの持って上半身裸で絶叫!って よー分からんがしかしまあ規格外であるのはよー分かる。おそらくCBSのパーティーなんかあるとエアロなんかよりはずっと偉そうにしていたんやろ、ロッケンローラーである。

高校でも 大学でも テッド好きつうのは知らんかった。パープル好きもzep好きもジャーニー好きもシェンカー好きもお約束ではあったが。
しかしまあ分からなくもない、当時ロックが好きつうのは君たちとは違います、僕はこーゆーの好きなんです、歌謡曲とはチャイまんねん、つう事なわけで、リッチーの早ビキすげー、ジャーニーも実は凄腕や!シェンカー翳があるやろ、Zepが一番らしいでつう事なわけでつまりチトそうゆう風になりたい毛唐コンプレックスのガキに対してホントノケムクジャラの原始人が早ビキしてもダレモゴリラみたいになりたくはない訳でいくら宣伝費積んでもダメなのは自明の理であったんやろ

筆者も初めて聞いたがロケンローラーである、雑である、ギターソロになると途端に音が薄くなりしかしかまわず弾きまくる、ハードロックであるが しかしまあパンクと言えんこともなくガンズンとかあーゆーのの元祖と言ってはいけんのやろか、兎に角、正真正銘の馬鹿な訳で憂いなくハードロッケンなわけでカッコつけてない所がまた確かにカッコよく、場合によってはロリーギャラガーに近いといえなくもなく、つまり街の番長が早ビキも出来る訳で筆者は長い間、ギターつうのは非常に力のいる男らしい仕事のようにカン違いしていたがそのカン違いもあながち間違いやないんやろとまた勘違いしそうになる人である。

しかしまあ確かにどれも似た曲でおしまくり終わり方も一緒、音も薄くて自分の気持ち良い事しかやらんつうのは確かにロリーに近いがもうちと客観的に物見る目があればどーにかなったやろつう気がしないでもないがゴリラに物申すような勇気のある人もいなかったんやろ

ハマースミスオデオンつうのは武道館みたいなものか、そこまでいけりゃ充分やつう気もするが

ロッケンロールつうのは人と違うことをするつうのも重要な因子だと思ってる人が何人かいると思うけれどそうゆう意味では ゴリラがセミアコ弾いてワンパターンハードロックをおしまくりおしまくり過ぎて中身がない分パンクっぽい感じもかもし出しとるテッドニュージェントつうのは人とは全く違う訳で真の意味でロッケンロールといえなくもなく リッチーがカツラをかぶらずに弾きまくる位のインパクトがある人つう事がわかりました。 しかしまあそれは第一印象とあまりかわらんとも言えるわけで ソーゆー意味では非常にスクエアなわけで よー分からんが しかしまあ音に関しては類型化しすぎてはみでとる そんでいい加減な訳で ゴリラルックスも含めて唯一無二ではあるのだがしかしつう事やろと思う。

guppy他ライブハウスでハードロックバンドの皆さんが出てきて辟易することがあるが、ソーユー人には君これでも聞いてゲーノーツウ物をハードロッケンロールツウ物を勉強しなさいと言って渡したくなるよいアルバムではあると思った。

 

ホームに戻る