WildHorses 1st

シンリジーにいたブライアンロバートソンがレインボウのジミーベインと組んだバンド。これも昔雑誌の片隅に載っていて 気になってた。シンリジーというのも長い間聞いた事が無くて社会人になってライブを聞いたけどまあまあつうかんじか? だいたいボーカルがアラブ人みたいな顔したバンドなんて日本人には馴染まない。白人金髪の美男子がやるもんだった。 シンリジーの全盛期にその実像を正確に把握してた日本人なんてほんとに少ないと思う。パープル、ツェッペリンの後は 誰だ?クイーンか?なんてやってたけどシンリジーの名前なんて出てこなかった。で、その2流バンドのギターが作ったバンドは なんか人生感じられるような気がして、レインボウの方もリッチーにいじめられたんだろうなと思ったりした。 まあちと気になっただけでそのまま忘れてしまったが1枚300円なら買ってみたくなる。

実はブライアンロバートソンという人はフランキーミラーのソロ聞いて、シンリジーのライブ聞いてカッコイイギターだな と思っていた。技術的な事は全くわからんが”カッコイイハードロックギター”を弾かせたらイギリスで10本の指に入るのではないだろうか? シンリジーのもう一人のギターの人がブライアンとゲーリームーアを比べてブライアンはすごくラフ、その場でソロを決めていく なんて言ってたのを読んだ事がある。すごくわかる気がする。その場の気分で決めていく、それが全てや!つうのがロックンロールだとすれば 非常にロックンロール的なギタリスト、瞬間的にカッコよくしてしまう。迷い無し、好きなよーに弾く。

細かい事はドーでも良いのよ!好きなようにやるわ!という真のロケンローラーなのかもしれない。 ソーじゃなきゃジミーベインなんかと組まない。唄は凡庸だし、bassもふつー、きっと気があったんやろ。 気が合ったからやったんだろうけど。もろもろ考えたら、計算ができれば得か損かすぐわかるだろうに。

カッコイイ曲はある。でもVoが弱い。ギターはカッコイイ。でも他に特徴が無い。ギターしか見せるものが無いのだ。 ギターだけやたらうまい大学2年生のサークルバンドみたいだ。

ジャケットもまずい。安くあげたのもろ見えでしかも表ジャケで渡哲也サングラスかけて馬鹿丸だし。

いい加減な人なのだろう。めんどくさい事はいいよ、適当にやっといてって。 真の意味でロッケンローラーなのかもしれんが

ハードロックバンドつうのはやっぱ2人くらい魅せられる人がいないと持たない。ケミストリーだかなんだか知らんが 1+1=2以上になってバンドの存在理由が出てくる。2人いませんでした。


ホームに戻る